バードフィーダーの作り方 4
NEXT→

アメリカの子供のバードフィーダーとバードハウス

アメリカの子供たちのバードフィーダーとバードハウスを参考に作りました。
フィーダーはプライベート空港・flying fieldです。昔懐かしい電話のバードハウス。まさに野鳥たちは子供たちの親しい友人です。既成概念に捕らわれない自由な発想でバードフィーダー、バードハウスを作るアメリカ人の自然に対する考え方を我々に教えてくれます。

@          A           B

カナディアン・ドライ・フィーダー

F            G         H

C.C.レモン・フィーダー

EC.C.レモンの空き缶と佃煮の入っていた容器の上蓋を使います。空き缶の飲み口を切り出しナイフ缶きりなどで取り去ります。アルミの切り口は鋭利ですので、手袋をして作業をします。フィーダーの上蓋は缶の上部に合わせて丸く切り抜きます。

アメリカの子供たちのストック式バードフィーダー

C            D         E

また適当な樹木を切断して丸い蓋を作っても良いと思います。
G餌の取り出し口は20o×15oに3方をきり、内側に曲げます。
H上に丸蓋をのせ、針金を通し、餌を入れる場合に引き上げます。底蓋をつけて完了です

アメリカの子供たちは、空き缶、空き瓶を使って見事なストックフィーダーを作ります。子供たちのアイデアを使って吊り下げ式のストックフィーダーを作りました

I             J           

@カナディアン・ドライは広口なので、餌をボトルの口から入れます。底部はピーナッの缶詰の青い上蓋を使います。
A底の側面に5o×10oの穴を空けます。ドライの上蓋にも吊り下げ用の穴を空けます。
Bドライの底にボルトより多少太めの穴を開け、ボルトを通します。ボルトは不安定ですのでドライバーの先につけセロテープで留めて置くと底穴を通しやすい。
Cピーナッ缶の上蓋にボルトを通しをナットで固定します。ドライの上蓋に針金を通し引っ掛ける輪を作ります。
D出来上がりです。

コカコーラ・フィーダー

I缶の径にあわした円形の木片を2個作ります。1ケは上蓋に使用します。他1ケは底の餌の出し入れ口のカバーに使用します。円形を切り出したときに残る木片を利用します。まず円の凸部と切断したときに残った凹部を接続し、周囲を木片で囲みます。出来上がった受け部を缶に木ネジで接合します。餌の出し入れ口はレモン・フィーダーと同じ方法です。餌はヒマワリの種を想定しています。餌の種類によって、切り込まれた舌状のアルミ片を出し入れし、餌の量を調整します。

←INDEX